Z会中学受験コース(本科)にコース変更してみました!

Z会

こんにちは、チルチルです。

我が家ではZ会のコース切り替えをしまして、中学受験コースを受講しております(まだ2カ月間ですが)。もしかしたら、コース切り替えに悩む方がいらっしゃるかもしれないと思い、その感想をお伝えできたらと思います!

我が家のZ会受講履歴はこちらの通りです。

①タブレットコース
②中学受験コース(要点集中プラン)
③中学受験コース(本科)※まだ2カ月間

ちなみにコースの全体像はこんな状況です。

出典:Z会

以下、過去記事です!

過去記事:タブレットコースから中学受験コース(塾併用)への切り替え

過去記事:中学受験コース(塾併用)に切り替えてみた感想

中学受験コースの「要点集中プラン」と「本科」を比べますと、やはり「本科」の方が授業と演習がボリューム良く届きますので「本科」がおすすめです!

「要点集中プラン」には問題演習が少ないので、その学習分野の力が付いたのかどうかの確認がしづらいと感じていました。

そして、内容の難易度についてです!

難易度についての説明でありますので、我が家の状況とご覧になっていただいているご家庭との状況は全く違うと思います。そのため、ご参考までにお伝えできればと思います。

我が家の場合ですと、タブレットコースは簡単に解いていましたが、中学受験コースは学習内容が難化したので、最初の内は苦戦していた様子でした。

特に算数は難易度の開き(タブレットコースでの上振れ)が大きいと感じました。


具体的なところで説明しますと、他教材ではありますが「自由自在(高学年)」で説明すると、取組み最初から自由自在の後半部分からスタートします(手持ちの本では第6章でした)。
特に算数については、先生の授業を2回程度聴くこともありました。

算数は確かに難しい…

私は中学受験未経験なので○○算的なことはやってこなかったのですが、不思議と習うのが普通の状況ですと先生の授業を聴くことで理解できている様子です。横から見ると難しいなぁと感じます;

これまでように、学校の進度を中心に進めている時とはかなりギャップがあると感じました。

また、理科と社会は、そこまで差があるとは感じませんでした。
国語は、難しさは増しているようです。

以上の通り、タブレットコースでは手早くやっていた様子でしたが、中学受験コース(本科)からはてこずっている様子です(特に算数)。
もちろん我が家の状況ですのでご参考までに、です。

Z会のカリキュラム運営方針を抜粋しても、やはり4年修了時までには部分的に除く場所はあっても6年生までの分野を完了させるようです。以下抜粋します。

4年生は小数・分数の四則演算と平面図形を中心に学習します。各単元について、先取り部分を含め、まとめて効率よく学習するため、速さや割合、立体などを除いた小学6年生までの教科書範囲を4年生コースの最終月までにほぼ学習し終えます。
👆(Z会のカリキュラム運営方針)抜粋

個人的に感じていることは以下2つです。
・通常コースと中学受験コースの内容の差は、特に算数で大きい。4年生講座で6年生までの大部分が終わっている。※もし中学受験コースへの切り替えをするのであれば、早め早めがいい様子。
難化したことで親のフォローが必要になってきている。

自立してどんどんできるお子さんだといいのかもしれませんが、少なくともフォローが必要な我が家には少し難しいかなぁというのが率直な感想です><

引き続き様子を見つつも、丁度いい学習教材を選択していこうと思っております。

👇我が家でもZ会と組み合わせで愛用している「自由自在」です。網羅的にカバーできているのでいいですよね。まさに基礎から応用までなんだと思います。^^

created by Rinker
¥3,080 (2022/09/27 16:31:09時点 楽天市場調べ-詳細)

以上、ご覧いただきましてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました