芝生の中で使える除草剤!

その他

こんにちは、チルチルです。

チルチル
チルチル

今日は除草剤の
紹介です!
お義父さんの
助言シリーズです!

庭や駐車場等で雑草だけが
ある場所で使用できる除草剤は、
別の記事でご紹介しました。

今回は、
芝生の中にはびこる雑草の駆除
についてお知らせします!

義父
義父

楽をするためには
どうしたらよいか、ですね。

まずお伝えしますと、
使う除草剤には注意が必要です!

グリホサートなどを使用すると
芝生まで枯れてしまいます!

チルチル
チルチル

我が家の憩いの芝生が・・・
なんてことにならないように
気を付けて選びます。

やりたいことは、
芝生を枯らさず、
雑草だけを枯らすことです!

芝生の中にほんの少量の
雑草があるくらいだったら
手除草をおすすめします^^

ですが、
とても多く発生してしまっており
どうにも困った・・・
というときには以下でご紹介する
除草剤の使用をおすすめします!

使うものは、こちらです。
・シバゲンDF
・MCPP
・庭の面積を確認すること(㎡)
・散布器
・0.1gまで計量可能な専用秤

created by Rinker
¥3,095 (2021/09/21 05:01:21時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,139 (2021/09/21 05:01:22時点 楽天市場調べ-詳細)

除草剤は、面積当たりに
落とす薬の量がポイントです!
溶かした液の量ではなく、
落ちる除草剤の薬量ですね。

では実際に、
庭面積(4m×5m=20㎡)の
日本芝のお庭と、
散布器タンク容量4Lということで
シミュレーションしていきましょう!

まずシバゲンDFです。
(お手元の農薬ラベル優先で)
10アール(1,000㎡)で、
散布水量200㍑、散布薬量30㌘。

出典:石原バイオサイエンス(株)シバゲンDF

20㎡ですので、
10アール当たりの数値を
1/50にします。

散布水量4㍑、散布薬量0.6㌘…

シバゲンDFの使用量、
少ないですよね!!

次に、MCPP液剤です。
(お手元の農薬ラベル優先で)
10アール(1,000㎡)で、
希釈水量200㍑、
散布薬量1,000mLです。

出典:丸和バイオケミカルグループ MCPP液剤

同様に20㎡ですので、
10アール当たりの数値を
1/50にします。

散布水量4㍑、散布薬量4mL。

それでは薬液を
作っていきましょう!

散布器に2Lの水を入れます、
シバゲンDFを0.6㌘入れて、
蓋をして揺すって溶かします。
さらに、水をさらに2L入れて、
MCPPを4mL入れます。
蓋を閉めて、軽く揺すり完成です。

この薬液をまんべんなく芝生の
全体に散布します。このときの注意は、
薬が枯らさない植物は芝生だけですので、
近くにある別の植物にかからないように
よく注意してください!

雑草が完全に枯れるまで
春夏期で20~30日、
秋冬期で30~40日程度かかるので、
誤ってまき直しなどしないよう
ご注意ください。

詳細な注意事項は、
製造元のHPをご確認ください。
シバゲンDF(石原バイオサイエンス(株))
MCPP液剤(丸和バイオケミカルグループ)

プロ用製品と同じですので、
製品1本当たりの単価は高いですが、
何回も何回も使っていきますので、
一般家庭用の商品よりもおすすめです。

チルチル
チルチル

不慣れですので分かりにくさは
あるとはいえ、1回で終わるわけ
ではない草退治ですので、
慣れてしまえばこちらの方が
コスパに優れます!

今回はちょっと難しいかもしれません。
不慣れな私は、ほとんどお義父さんに
やってもらいました^^
次回から、少しづつやりたいと思います!

以上、ご覧いただき
ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました