参考書「自由自在」の使い方(算数 小学3・4年)

教材

こんにちは、チルチルです。

チルチル
チルチル

網羅的な内容の本なので、
見つかった苦手分野を
どんどん無くすことができます!

今日は小学4年生を参考に、
算数の取り組み方を参考までにご紹介します。
用いる教材はこちら、「自由自在(小学3・4年)算数」です。

created by Rinker
¥2,750 (2021/09/21 04:55:25時点 楽天市場調べ-詳細)

子どもって、算数の各単元(分野)毎において
得意・不得意がありませんでしょうか?

我が家でも、この分野はすらっといけるのに、
この分野はつまるところがあるなぁということが
丸付けをしている時によくわかります。

そのように苦手分野を見つけた場合の
我が家での取り組み方です。

必要なもの【2つ】
 ・家庭用プリンター(白黒コピー機能付)
 ・自由自在(算数)

手順
 ①「例題」のページをコピーする
  書き込みはしない方がいいので、コピーしています。
  ここで基礎を固めます。
 ②「力をためす問題」のページをコピーする
  ここで基礎~応用を固めます。

気を付けること
 ・手計算はさせない。
  計算を間違わずにやることも大事なのですが、
  ずっと横で勉強を見る訳にもいきませんので、
  勉強を見る時は、「解き方を説明してもらう」
  ということをしています。
  ※単純な計算分野ではこのやり方はできません。
  これにより、時間効率良く問題に触れることができます。
 ・解答につまった問題はチェックしておく。
  我が家では、鉛筆で取組んだ日を書いておき、
  できなかった問題に△マークをつけています。
  後日、この△マークだけを復習の対象としています。

これらを基礎の「例題ページ」と、
応用含む「力を試す問題ページ」に対してやることで、
一見するだけで子どもの得意不得意が分かり、
対策を打つのが容易になります。

本は税込2,750円と値は張りますが、これは良書です。
買う前はちょっと高いかなと感じましたが、
使っている今ではコスパがいいと感じます。
おすすめです!^^(こちらは”例題ページ”です)

出典:受験研究社(自由自在 小学3・4年 算数)

日々の学習はZ会タブレットコースですが、
相互補完する良い組み合わせですので
ご紹介いたしました^^

新しい分野を勉強すれば、その分だけ
どうしてもつまづくことはあると思いますので、
1つずつその苦手をつぶしていきましょう^^

子どもと一緒に私も頑張らねばなりません!

以上、ご覧いただきまして
ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました