迷路の本(幼稚園生~小学校低学年)

教材

こんにちは、チルチルです。

チルチル
チルチル

あまりいないかもしれませんが、
迷路が好きなお子さんに
おすすめの本です。

次男(幼稚園生)は大の迷路好きです。

年少の頃から好きで、
最初は簡単な本をやっていたのですが、
どんどんやるものが無くなってしまい、
その過程でとてもよかった
迷路~探し物の本をお知らせします。

幼稚園生ですので、
以下の条件の本を除外していました。

・文字を読むことが必要
・前提条件にある程度の知識が必要

ほぼ純粋な迷路だったり、
探し物系の迷路です。

チルチル
チルチル

丁度いい本がなかなか
見つからなかったので、
同様の本を探している方に
お伝えしたいです!

まずは、シンプルな学研系の本です。
年齢によって、
丁度いい難易度を選ぶことができます。

次は、
その中でも「ハイレベル」と
名前がついている本です。
基本の迷路がすらすら
終わるようでしたら、
対象年齢を上げて、かつ
こちらのようなハイレベル版が
いいと思います。

その後、
すらすらと迷路を
解けるようになってくると、、、
もう、どのような迷路を準備
したらいいのか困りました。


そこで、インターネットで
とても難しい迷路を探して
自宅でプリントアウト
する、
ということに一瞬だけ
取り組みましたが、
難易度が上がり過ぎてしまったり、
娯楽性が少なかったりするのか
次男はそこまで興味を
持っていませんでした。

そこで、この本を見つけました。
迷路的要素と、
お題に沿った探し物
の要素の本になります。

シリーズ化されていますので、
色々なテーマで描かれています。

created by Rinker
¥1,430 (2021/12/01 08:42:08時点 楽天市場調べ-詳細)

以上、少々マニアックな
内容になりますが、
学研などの迷路シリーズで
行きつくところまで
行ってしまった際には、
こちらをご参考にしていただけると
とてもうれしいと思います。

チルチル
チルチル

私は、、、子供向けの
迷路で十分です。
ただ、
香川元太郎さんの本は、
見つけたときに、
大人でもきっと
「あっ!!^^」と
アハ体験ができます。

以上、ご覧いただき
ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました