算数検定がおすすめ(小学生)

その他

こんにちは、チルチルです。

私の感覚で、小学生の検定試験といったら「漢検」でした。

ただ最近では小学生にも英語の授業があって「英検」も一般的になっているでしょうし、「算数検定(≒数検)」も一般的になっているようです。

今回、我が家では「数検」を受検しましたので、状況をお伝えしたいと思います。

まず、なぜ「数検」に興味を持ったかといいますと、
その理由は2つあります。

①中学受験で「数検」のアドバンテージ(加点)があること。(その中学校では…です。)
②昨今のプログラミング技術が重要視されていることで、何かしらつながるのかなぁというフワっとした理由です(笑)

①も、中学受験でアドバンテージ(加点)があるといっても、その加点というよりも、やはりしっかりとした解く力を身につけてもらいたいと思っています。そして、その解く力が客観的に評価されるのであれば面白そうだなぁと思ったというところが正しい理由でもなります。
私自身、自分で受けたことが無かったので興味を持った、ということもありました。

いざ受検を考えますと、その費用や開催頻度、試験対策などが気になります。

より正確な情報としては、日本数学検定協会のHPをご参照ください。

ざっくりとの説明ですと、
費用は、2,000~3,500円(級、個人/団体受検)
開催頻度は、団体受検は年に約17回、提携会場受検は年に12回程度、個人受検は年に3回実施。
試験対策は、書籍になるかと思います。

我が家では塾の団体受検で参加しました。

親としても経験が無かったこともあり、過去問中心、そして本番試験に沿った対策ができる書籍を活用しました。

created by Rinker
¥1,100 (2023/02/03 11:11:44時点 楽天市場調べ-詳細)

ちなみに、6年生程度は6級、5年生程度は7級、4年生程度は8級になります。

こちら、今まで見てきた算数の書籍の中で最も解説が豊富だったと思います。1つずつ丁寧に解説してくれていますので、分からなかった問題についても理解することができるかと思います

タイミングによってはまだ取り組んだことが無い分野もあると思いますが、その時はやはり信頼の参考書の「自由自在」がおすすめです。

created by Rinker
¥3,080 (2023/02/04 02:25:40時点 楽天市場調べ-詳細)

高学年用でいいますと、分野的に網羅されていて、該当学年(5年、6年、中学受験)も示されていますので、子どもの弱点を補強する目的ピンポイントに活躍してもらうことができます。

自宅のプリンター/コピーで、ピンポイントに学習することができますのでおすすめです!

以上の通り、1つの目標を1,2カ月の期間で頑張って取り組むこともいい刺激になったようです。

良書と共に1つずつ目標をクリアすることで、自信もついていくことと思います。
そのステップの1つとしての算数検定はおすすめです。

以上、ご覧いただきましてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました